Ozobotを動かしてみよう

Ozobotを一先ず動かしてみましょう

プログラミング教育のツールとして販売されている「Ozobot」です。
なにはともあれ動かしてみましょう。

動かしてみない事には始まりませんし、イメージもできません。

準備として、ロボットと一緒に入っているシートを用意します。
動きますので、なるべく平らな場所へ置いてください。

これでほぼ準備完了です。

電源ボタンをクリックして起動させてください。
電源ボタンはココです。

 

電源が入ったら、シートのどこでもいいので置いてみてください。
すると、ロボットが色を認識して動き出します。こんな感じで動きます。
ここまでは「ふむふむ。」で大丈夫。

これで一先ずは動きました。

ここからプログラミングっぽい考え方で少しずつやっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です