ニュース:デジタル教科書で子どもたちがバカになる?

紙の方が読みやすいのは納得

記事はこちらです。
デジタル教科書で子どもたちがバカになる? ICT教育の最先端、北欧で示された衝撃データ

”ノルウェーの研究者が小学校高学年の生徒を対象にした実験を紹介している。生徒の半数には紙の書籍で短編小説を読ませ、残りの半分にはタブレット端末で読ませた結果、紙の書籍で読んだグループの方が内容をよく覚えていたという。

その通りでしょうね。
どうしても画面だと色々なモノが目につきます。
ニュースを斜め読みしている人は、様々な広告が節々に挿入されていますので、内容はざっとしか入ってないでしょう。

 

使い方次第です。

私は漫画はデジタルで読んでいますが、嵩張ることもなく、非常に便利です。パラパラ読めます。
技術書も検索するものですので、デジタルの方が便利でした。
ただ、小説は難しかったですね。内容や流れを理解しなければいけないものは、私はデジタルは合いませんでした。

“スマホとの距離のとりかたを考えなければいけないのは子供だけではない。ハンセンは大人に対しても、集中力が必要な仕事をするさいにはスマホを別室におく、チャットやメールのチェックは1時間に数分と決める、などのデジタル・デトックスを勧めている。”

非常に便利で楽しいデバイスですし、今の小中学生は生まれた時からiPhoneが存在した世代。

デジタル化の弊害も考えていかないといけないですし、アナログの経験・体験から学ぶことも沢山あります。

たまには離れてみるのもいいかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です